FC2ブログ

fancy of simba

2018 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

タックマン・モデル

2016/12/27(Tue) 19:36


(『「勝つ」組織 福富信也 カンゼン社』より抜粋)





上の図は、心理学者のB.W.タックマンが提唱した、タックマンモデル(を少し改変したもの)。チームの状態を4段階で表現している。


①形成期
メンバーが集まった段階。メンバー同士、お互いのことを深く知ってはいない、心を開いていない。チームの目標も明確には定まっていない。

②混乱期
目的や目標、タスクの進め方などに対する意見の食い違い、また人間関係や価値観の相違により対立が生まれている状態。

③統一期
お互いの違いを認め合い、尊重できている。目的や目標、個々の役割や責任、仕事の進め方・プロセスなどが一致する。チーム内の関係性が安定する。

④達成期
よく組織されたチームとして機能する段階。
チームに結束力と一体感が生まれ、チームの力が目標達成に向けられる。


この中でも特に大事なのが、②の混乱期。

この段階で、衝突を避けて、お互いに思うことを言わなかったり、価値観の相違を認め合うことなく、上辺だけの関係を築いてしまうと、③統一期で偽りの平和に逆戻りしてしまう。

あるいは、お互いを理解しようとせず、ただ避難し合うだけで前向きに解決しようとしない場合、チームとしてのパフォーマンスはいつまでたっても上がらない。





仕事をする中で、いくつかのチームに所属している。


②の混乱期をいかに乗り越えるか。逃げずにぶつけられるか。諦めずに踏ん張れるか。やはりそこが一番大切だと、つくづく感じる。

最も厄介だなと思うのは、Bのチームに途中から加わるケース。特にBの末期状態。場にワクワク感がなくて、空気が淀んでいる、諦めムードが漂ってる、、、。

このチームを立て直すのは、なかなかにしんどい。すべて吸いとられてしまいそうになる。それでも、前を向いて、自分にやれることからコツコツと。コツコツコツコツ、積み重ねていくしかない。長期戦。


逆に、最もワクワク出来るのが、①の立ち上げから関われるチーム。希望と不安とが入り混じりつつも、前向きな気持ちが自分を後押ししてくれる。

カヌー部の新チームは、まだ始まったばかり。伸び代しかない!逃げずに自分のすべてをぶつけあって、誇りに思えるチームにしよう。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://simbafit.blog.fc2.com/tb.php/477-40af049c
Next Home  Prev

プロフィール

simbafit

Author:simbafit
はじめまして。simbafit (シンバフィット) の岸晃輔と申します。競技スポーツの現場ではストレングス&コンディショニングコーチとして、一般フィットネスの現場ではパーソナルトレーナーとして活動しています。専門は水上の競技スポーツ(カヌー、ボート)。自身が高校・大学時代に打ち込んだ「スポーツ」の魅力。困難に立ち向かいながらも 夢に向かって突き進む。チャレンジすることの素晴らしさを 伝えていきたい。そんな思いでトレーナー活動をしています。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いします。
HPはこちらをクリック→simbafit

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。