FC2ブログ

fancy of simba

2016 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

仕事納め

2016/12/29(Thu) 23:10






本日の夕方、赤羽トレーニングセンターでのパーソナルをもって今年の仕事納めとなりました。

今日のお客さまは、仕事納め後にトレーニング納め!という、大晦日にふさわしいフルコース笑

力を振り絞って、思い残す事なく締めくくられていきました(^^)




今年はいろいろな面で試行錯誤の年、、、

思った通りにはいかず、迷いや不安の中もがいていた感がありますが、終盤はようやく光明が見えてきたような気もします。

試行錯誤したおかげで、本当にやりたいこと・やるべきことが定まってきたし、まだ実ってはいないけど、種まきはできました。

苦しいけど、その分いまが一番充実してるし、来年もその先も、もっともっと充実させたいと思います。

指導させて頂いている選手やお客さん、また自分を支えて下さっている人たちへ、還元出来るように。日々、全力を尽くすのみ!




今年も残すところあと数時間。いよいよカウントダウンが始まりましたね。年末年始、食べ過ぎ飲み過ぎにはくれぐれもご注意を!

それではみなさん、良いお年をお迎えください(^^)



simbafit 岸晃輔
スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0

漕ぎ納め

2016/12/29(Thu) 11:14
昨日は漕ぎ納めでした。



午前中は8.8kmのタイムトライアル。

強風で波が立ち、この子たちにとってはかなりのラフコンディション。また気温も低く、厳しい状況でしたが、選手たちは皆、全力を尽くしていました。






特にエースの2人は、熾烈なトップ争いを展開。終始どちらが勝つのかわからないようなレースでした。ナイスバトル!2人には、このチームをどんどん引っ張っていって欲しいし、後ろのみんなは負けじと後に続いていって欲しいです。





自ら志願して、パドリングの指導を受ける一年生も出てきました。早くなるために、自分で考えて行動する。こんな行動がいろんな子から自然発生してきたら、チームとして一歩上の段階に成長しているはず。



午後は艇修理&大掃除でした。
モノを大切にする意味、、、再確認できたかな?




新チームがスタートして、3ヶ月ほど経過しました。選手にも話しましたが、やっと一歩前進した段階であり、最も大切な時期。我慢強く、逃げずに立ち向かう・トライし続けることが必要な段階です。

当然、コーチにはそれ以上の覚悟と熱量、そして創意工夫が必要。まずは1月、スタートダッシュをかますために、あれこれ準備しつつ、充電しときます。


みんな、今年も疲れ様でした!来年も、ともに成長しましょう。よろしく!


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

メディシンボール

2016/12/28(Wed) 21:07







NEW‼︎

カヌー部のトレーニング、新たにメディシンボールが仲間入り。

体幹含めた全身運動、キネティックチェーンの強化。爆発的パワー(力×スピード)の養成。遊び感覚も入りつつ、楽しく取り組みやすい点もグッド。いろんなトレーニング効果が期待できます。

いまは漕げなくても。ケガしたことで、逆に強くなって帰ってくる。いまのうちに、ライバルに差をつけろ!


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

納める

2016/12/27(Tue) 22:51
今日は、2つの職場の仕事納め。
うち1つは、最後の勤務となりました。
なかなかうまくいかないことが多かったし、力を出し切れなかった部分もあり、、、正直悔しさもあります。
この悔しさは、次のステップにしっかり繋げたいと思います。







そして明日は、カヌー部の漕ぎ納め。
ロング漕(8.8km)の記録会です。
一漕入魂!気合い入れてこう!!!


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

タックマン・モデル

2016/12/27(Tue) 19:36


(『「勝つ」組織 福富信也 カンゼン社』より抜粋)





上の図は、心理学者のB.W.タックマンが提唱した、タックマンモデル(を少し改変したもの)。チームの状態を4段階で表現している。


①形成期
メンバーが集まった段階。メンバー同士、お互いのことを深く知ってはいない、心を開いていない。チームの目標も明確には定まっていない。

②混乱期
目的や目標、タスクの進め方などに対する意見の食い違い、また人間関係や価値観の相違により対立が生まれている状態。

③統一期
お互いの違いを認め合い、尊重できている。目的や目標、個々の役割や責任、仕事の進め方・プロセスなどが一致する。チーム内の関係性が安定する。

④達成期
よく組織されたチームとして機能する段階。
チームに結束力と一体感が生まれ、チームの力が目標達成に向けられる。


この中でも特に大事なのが、②の混乱期。

この段階で、衝突を避けて、お互いに思うことを言わなかったり、価値観の相違を認め合うことなく、上辺だけの関係を築いてしまうと、③統一期で偽りの平和に逆戻りしてしまう。

あるいは、お互いを理解しようとせず、ただ避難し合うだけで前向きに解決しようとしない場合、チームとしてのパフォーマンスはいつまでたっても上がらない。





仕事をする中で、いくつかのチームに所属している。


②の混乱期をいかに乗り越えるか。逃げずにぶつけられるか。諦めずに踏ん張れるか。やはりそこが一番大切だと、つくづく感じる。

最も厄介だなと思うのは、Bのチームに途中から加わるケース。特にBの末期状態。場にワクワク感がなくて、空気が淀んでいる、諦めムードが漂ってる、、、。

このチームを立て直すのは、なかなかにしんどい。すべて吸いとられてしまいそうになる。それでも、前を向いて、自分にやれることからコツコツと。コツコツコツコツ、積み重ねていくしかない。長期戦。


逆に、最もワクワク出来るのが、①の立ち上げから関われるチーム。希望と不安とが入り混じりつつも、前向きな気持ちが自分を後押ししてくれる。

カヌー部の新チームは、まだ始まったばかり。伸び代しかない!逃げずに自分のすべてをぶつけあって、誇りに思えるチームにしよう。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

設定の妙

2016/12/25(Sun) 18:37





トレーニング変数(練習メニューの強度や量など)は、いろんなことを考慮して設定する。

選手の体力レベル、集中力、モチベーション、その日の体調、疲労度、長い目・短い目で見たトレーニング効果、グループにおける選手同士の相性や関係性etc。

それらがうまくハマったとき、質の高い練習を引き起こすことができる。設定の妙。これは、指導者の大事な手腕のひとつ。


「うまくいったな!」と思えたときの練習は、また使いたくなる。が、それはその場の、その日限りのものであって、そっくりそのまま同じことをやってもなかなかうまくはいかない。ライブ感が大事。

そんなことを踏まえつつ、うまくいったとき・いかなかったときのことを振り返っておく。蓄積しておく。こういうケースの場合、どうやればどんな感じになるのか??引き出しを、自分の中に増やしていく。

それが経験となる。そこをサボると、同じことを繰り返すことになる。選手の成長を阻害する。だから指導者は絶対にサボれない。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

夢中力

2016/12/22(Thu) 20:56




エルゴメーター、モニターを表示出来るように修復。

するとどうでしょう。今まであんなに嫌がってたエルゴを、まるでゲームを楽しむように、みんなでワイワイ盛り上がりながら漕ぎ始めた、、

練習が終わっても、自主的にやらせてくれ、という、なかなか見られなかった行動。1人2人ではなく、何人もエルゴに集まってきた。





↑こちらはコーチがお試しに漕いでる動画。とにかくワット値で最高得点を出したヤツの勝ち!だそうで(^^)



努力とか、頑張る、ではなく。夢中になってやること。スポーツの原点。この力を伸ばす、というよりも、この状態になる機会を意図的につくることも、指導者の役割のひとつではないかと思う。

集中力と、似てるようで異なる、夢中力。アスリートの土台となる、大事な要素。こどもの指導では特に。



ただし、単なるおちゃらけと、紙一重でもある。こういう時間が、チームの目指す方向へポジティブに作用するように、より包括的に考えて練習を構成していく。

やっぱり、奥が深いぞ、コーチング。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

名乗りをあげる

2016/12/22(Thu) 13:05
161222-1.jpg





指導先のカヌー部。

練習終了後のミーティングでは、選手からひとこと、「今日のよかったこと」を発表してもらう時間を設けています。基本的にコーチからは指名せず、挙手によって3名が発表。

発言の内容うんぬんよりも、まずこういった場で、積極的に、自ら名乗りをあげること。アスリートの土台となる、大事なちからです。

周囲に頼らず・流されず、一時だけの恥ずかしさや煩わしさから逃げないこと。
今日の自分と向き合い、振り返り、明日の自分へと繋げていくこと。
自分の感性を大切にすること。
小さなチャレンジの場を大切にすること。
変化を積み重ねて、成長していく過程を楽しむこと。

たとえ腕立て伏せが一回もできなくても、こういう選手が一人でも増えてくると、チームはグイッと上昇します。




「小さな変化」2016.12.15

↑この時点では、まだ4分の1でした。

昨日の指導。
4分の1が、3分の1に近づいた気がします。

もう少し。もう少しで大きく変わり始める。そんな予感がしています。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

準備②

2016/12/21(Wed) 20:20







昨日は、久々に浦和駒場体育館へ!




サポートで入らせて頂いているサッカー部S&C指導

明後日に行うフィールド測定etcの打ち合わせのため、トレーニングルームで実技しながら、指導のシミュレーションをしました

・指導のタイムスケジュール
・効率の良いグループ分け
・担当スタッフの役割分担
・説明の手順
・選手に伝わる言葉のチョイス
etc

2人で選手役と説明役を交代しながら、測定方法の説明の練習を繰り返す

利用者の方々からは『何してんの?』て目で見られてましたが、、、気にせず続行!
(トレーニングの邪魔にならないように空いてる場所で)

起こりうる状況を想定しながら、『ベター』と考えられるものを準備していく

細かいことひとつひとつのクオリティを、わずかでも上げていく

これでもかってぐらい
『準備』の徹底

仕事の質は準備で決まるということを、身を以て教えてもらってます




以前に書いた記事を読み返す

『準備』2016.2.23

何事においても基礎・基本と言われること
もっともっと、高いレベルで実践し、徹底している人たちがいる

恵まれた環境に感謝
余すことなく吸収して、指導で還元します


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

カヌー指導者セミナー

2016/12/17(Sat) 23:20
本日、日体大にてカヌー指導者セミナーに参加してきました。

内容は【乳酸値を利用しての練習方法・運動指標を利用した練習内容の検証について】。講師はカヌースプリントの競技力向上の第一人者として活躍されている、中垣浩平さん。

タイトルを見た限り昨年と同じような印象、再確認のつもりで臨みましたが、いやいや、新しい発見が詰まってました。素晴らしい機会を与えてくださった先生方に、心より感謝。この恩は、選手たちに還元していくことで返します。





乳酸値の測定現場より、写真をいくつか。









心拍数204、、最終的にはこのゾーンで5分近く漕ぎ続けて頂きました。選手の皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました!



また、OBの子に案内してもらい、施設内を見学。





トレーニングルームは中に入ってじっくり観察。広くて充実しまくってる!学生が羨ましい!

個人的には、図書館が気になりましたが、流石に中には入れず、、。





なぜかあちこちに銅像があるようですが。こちらは「コーチ」の語源とされる馬車の銅像。関連があるのかはわかりませんが、入り口にドーンと構えてました。こんな立派なコーチになりたい。





多くの刺激を受けました。明日はカヌー部の指導。今日持ち帰ったこの熱を、しっかり伝えていきます。


simbafit 岸晃輔


未分類 コメント:0 トラックバック:0

ランジウォーク@庭トレ②

2016/12/17(Sat) 19:42

(画像…Wikipediaより引用)



以前に書いたブログ ランジウォーク@庭トレ の続編。

前回のセッションで、ランジウォークを導入しましたが、まだ完全に動作をコントロールできるわけではなく、少しフラフラ。そこで今回、「ストップする」を強調して指導したところ、思っていた以上にうまくいきました。

またまたある方のネット記事をヒントに、、、というかそのまんまです(笑)
(参照記事はこちらのブログ

今までランジエクササイズでは、臀筋を主とした股関節伸展筋群をいかに刺激するか?という尺度で考えることが多かったのですが。いかに動作を改善するか?という尺度で考えてみると、この動作を構成している要素は?と広がっていき、ストップ強調のキューイングに繋がりました。

スタートではなく、ゴールからの視点。「変化を起こしたいのはなにか」を考えるようになって、ものの見方が少し広がったように思います。気づきを与えてくださった先輩に感謝ですね。もっともっと、試行錯誤してみます。

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

小さな変化

2016/12/15(Thu) 11:49
161215-1.jpg




「トレーニング日記表、欲しい人は取りに来て!」

→取りに来た子が7~8名。全体の4分の1くらい。



「あのときに使った資料ください」「なにやったのか教えてほしいです」

→先週の講義に参加できなかった6~7名のうち、2名から受けたリクエスト。同じく、4分の1程度。



ちょっと前までのチーム状況を考えたら、この数字は少し前進。
こんな小さな変化が、やがて大きな成長に繋がる。

4分の1を3分の1に。
3分の1を2分の1に。
2分の1が3分の2になったとき、変化が加速する。

小さな変化を起こそう。そのために仕掛けよう。
小さな変化に気づこう。逃さず褒めてあげよう。
小さな変化を続けよう。そして大きな成長を起こそう。



自身に言い聞かせて、週末の指導に臨みます。



simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

話しあうことで

2016/12/15(Thu) 00:17
面と向き合って話しあうことで、

・思っていたことを吐き出せる
・考えや価値観の違いに気づくことができる
・話すことで自分の考えを整理できる…オートクライン
・行動を約束することで、責任が生まれる

そして、チームを組んでいて良かったと心から思える







水曜夜の定番?コース
らーめんからのカフェMTG

今日も大いに収穫あり

この収穫を繰り返すことで、勝ちを近づけ、克ちを積み上げ、価値を生みだす


今年も残り1ヶ月
さらに加速して、新年のスタートダッシュを!


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

秘密の基地

2016/12/14(Wed) 14:50



新しく、秘密の基地でパーソナル始めました!笑

都内の住宅地にひっそりと存在するジム。オープンはまだ先なので詳細は伏せますが、試運転で使わせて頂いてます。

縁あって、立ち上げから関わらせて頂くことになりました。ゼロから創り出す。性分として、用意された・整った道を進むよりも、自分で試行錯誤して創っていく方が好きですし、かなりワクワクしてます!いろいろと、妄想が止まりません^^

解禁日までは、秘密基地でこそトレしときます!

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

振り返る

2016/12/13(Tue) 15:13
先日受講したセミナーで購入した、WFAの教本「サッカーのピリオダイゼーション」を読み進めています。

この本によれば、サッカーの論理的な構造は、サッカーに携わる人なら誰もが知っていなければならない原理・原則。「サッカー論」はそれをもとに成り立っている、としています。

例えば、チームとしてのサッカーアクションは①~③によって分類される。

①攻撃(ビルドアップ&得点する)
②守備(ビルドアップの妨害&失点の阻止)
③攻守の切り替え

これはどの国、どのレベルであっても変わらない、論理的構造。

しかし、それを踏まえてどんな戦術で戦うのか、どうプレーすべきなのか、といった部分については、指導者の個性が発揮される領域であり、アートである、としています。


ずいぶん前にS&C自習室のブログで書いた、「仕組みと仕込み」という言葉。

それと、最近選手に伝えた「仏作って魂入れず」という言葉。

この2つを思い返しながら、何分かったようなこと書いてんだ?&言ってんだ?と反省。。いや、再発見、としておきます^^;

たまにはゆっくり、自分の言動を振り返ることも大切ですね。



そんな振り返りの時間を与えてくれたのは、こちらの場所。





原宿に最近オープンした、ニューバランスショップ4Fのカフェ。初めて寄ってみました。

あちこちにさりげなく、NBアイテムがディスプレイされてます。初めは目移りして全然集中出来なかったけど笑 暫くすると作業に没頭してました。

コーヒーはとても美味しかったです!Wi-Fi繋がりにくかったのが唯一残念な点かな、、(auだから?)

思考をリセットして、偏ったバランスを自然な状態に整える。新しいバランス。ニューバランス。

…失礼しました!w



simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

サッカーのピリオダイゼーション

2016/12/12(Mon) 17:40





昨日、久々にセミナー参加してきました!

サッカーに特化した内容です。今年の夏からサッカー部のS&Cを指導させて頂くことになり、サッカーという競技の理解を深めたかった、というのが受講の動機です。

詳しく、、、もないですが、こちらのブログに感想などざっとまとめてあるので、よろしければ覗いてみてください^^

S&C自習室ブログ
【セミナー受講】サッカーのピリオダイゼーション





「ん?S&C自習室ってなんだ?」
…となりますよね^^;

こちらはトレーナーの仲間と一緒に立ち上げたチームで、主にS&Cを軸に勉強会を開いたり、同じ本を読んでまとめたものを発表しあったり、一緒にセミナーや勉強会に参加して共有したり、ファミレスで議論したり、、、といった活動をしています。一応、地元であるさいたまを拠点にしています。

もし興味ある方いましたら、ご連絡ください^^
一緒に自習しましょう!

●連絡先
S&C自習室(岸)
09093080199
ssca613@gmail.com


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

タンデム歩行

2016/12/12(Mon) 13:06




タンデム歩行とは、一方のつま先ともう一方の踵を付けて歩く方法。

支持基底面が前後に広く横に狭いため、左右の揺れに対するバランスのコントロールが必要になる。

やってみるとわかるけど、意外と難しい。いやいや余裕だろ!て方は、目を閉じてやってみて下さい、、かなりフラフラしません?

子どもの体操教室ではよく「一本橋」と称して、線の上や細長いブロックの上を歩いたり、平均台の上を歩いたりするけど、本日はシニアの方のパーソナルトレーニングで取り入れてみた。

トレーニングを始めた当初は、1人での歩行が難しく、手を繋ぎながら十数歩進んだらすぐ休憩、、という状況だった。が、少しづつトレーニングを続けていって、最近ようやく1人でそれなりの歩数を歩けるように。

そろそろ次のステップを!ということで、タンデム歩行にチャレンジ。予想通り、かなり苦戦していた^^;
必要なら使って下さい、と差し出したこちらの手を終始ガシッと掴んで、肩に力が入りっぱなしの状態。。やはりこの歩き方、相当不安定になるらしい。

週一のトレーニングなのでゆっくり進めているが、やはり自身の成長を感じ取れる瞬間というのは嬉しいもの。その瞬間をたくさん味わって頂けるようサポートしたいし、小さな成長を共に喜べるようにしたい。


(今回の記事、ある方のFB記事にインスパイアされて書きました^^ ネタのヒントを提供してくださって、ありがとうございました!笑)


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

習得の過程

2016/12/10(Sat) 23:17



これ、なんだかわかりますか??







魚の骨ではありませんよ!笑







完成形は、こちら。



























上の図は、何かものごとを習得するときの過程を示したもの。


左側は、意識しているかどうか。
右側は、身についているかどうか。


最下層である初期段階は、意識×、むろんも習得×。意識すらしていない。

→「いま、どんなことを意識してる?」


次の段階で、意識をするようになる。まだ出来る状態ではない。

→「いま取り組んでいる○○、もっとこうしてみたらどうかな?」


さらに次の段階で出来るようになるが、まだ意識することが必要。

→「OK!そのまま続けよう!」


最終的に、無意識下のスキルとして習得が完成する。

→「次の課題へステップアップしよう!」




本日、とあるコーチがスキルについての講義を担当。前回は自分が担当しましたが、今回は受講生として聞いていました。

その授業で最後に出てきたのが⬆︎の図。視覚的にわかりやすく、納得しやすいな~と思ったのでシェア。Yコーチ、勉強させて頂きました!

コーチングの忘備録として。良いと思ったものはどんどんパクるに限る!笑


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

ダブルヘッダー

2016/12/10(Sat) 20:59



今日は朝トレ(早朝のパーソナルトレーニング)の後、すぐに江東区へ。終日、中学生を指導したあと、また赤羽に戻ってお仕事。赤羽に始まり、赤羽に終わる。割とよくあるダブルヘッダーです。

そして、明日はセミナーに参加してきます。World Football Academy Japanが主催する、サッカーのピリオダイゼーション ベーシックコース Level 1 と、 サッカーのピリオダイゼーション ベーシックコース Level 2 。こちらは筑波大にてダブルヘッダー。久々のセミナー受講、楽しみです!

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

走る

2016/12/10(Sat) 09:34





停滞気味だった現状を打破するべく、とにかく走ってみた。

結果、成功が4つに、失敗が1つ。

1つ動いたら、連動するように3つのことが動き出した。新しい環境や人に出逢えた。成功とは言ってしまうのは時期尚早だが、動き出したこと自体がまずは○。

そして、1つは失敗。が、大事な気づきを得ることができた。

迷ったら、走る。考えながら、とにかく走ってみる。

走るという動作は、バランスを崩すことから始まる。前方に重心移動して、倒れそうになった際に一歩、足が出てきて体を支える。そこからまた一歩一歩と、前に進んでいく。

安定した状態から、まず意図的にバランスを崩してみないと、今いる地点からは移動できない。ずっとそこに留まりたいなら良いかもしれないが。

もしかしたら、走る方向が間違ってるかも?ゴールはどこ?と考え込むのも大事だが、結局走ってみないとよくわからない場合が多い。それならば、前後左右、あらゆる方向にまずは走ってみる。こっちかな~と思う方向にしばらく進んでみる。間違ってたとしても、違うルートを知れたこと自体が収穫、と捉えて、また走り出せば良い。



…と、失敗して落ち気味の自分に言い聞かせて、今日もひたすら走ります!笑


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

StepUpとプログレッション

2016/12/08(Thu) 11:53
昨日は久々に、娘と二人きりの時間を過ごしました。嫁さんをはじめ、周囲の方にはものすごーく心配されていたようですが(笑) 大きなトラブルなく、ママのもとへ無事に帰還。2か月前から決まっていたプロジェクト、これにて完了!





【StepUp】

写真は、娘の大好きなStepUp=階段上り。上って降りて、上って降りて、、、何セットやったんだろ??1時間ぐらい、ひたすらやっていた。得意の左脚ばかり使ってたから、職業的に、どうしても右を同じ回数やって欲しくてウズウズしたけど…右脚を誘導しても断固NG出されたので、諦めて見守るしかない。

ずっと手すりに捕まってやっていたので、階段ブロックを広々としたスペースへこっそり移動。すると、怖がってハイハイしながら上ってる。仕方ないので手で介助。すると、自信満々で上り始めた。しばらくこれで自信をつけさせて、タイミングを見てすっと手を離してみたところ、気づかずにそのまま最上段へ到達!しめしめ。プログレッション(段階的にレベルアップさせていくこと)成功。

次なるプログレッションは、高さか?階段の先に、ちょっと大きめの階段をくっつけてみた。ほとんど高さに差がないので、これはすんなりやってくれるだろうと思ってたけど、断固拒否された。明らかに警戒している、、そう思い通りにはいきません。

最後の一手、「負荷」をかけることにトライ。その辺に転がっていたボールを持たせて、階段へ誘導。軽いけど、多少なりとも負荷が増すこと、また手を使えないため、より繊細にコントロールしなくてはいけないこと。ボールを持つだけでも様々な要素が加わる。どんな反応を示すかな?期待して見守ってると、ボールを放り投げて、すべり台へダッシュ。。本日のセッションは終了したようです^^;



【プログレッション】

向上していくように働きかけることは、指導者としてもちろん必要なことだけど、こちらの思惑だけでどんどん進めていってはいけない。指導対象者の息遣いまで感じ取りながら、適切なタイミングですっと差し伸べる。やってる人は気づかないぐらいがちょうどいい?「もうレベルアップしちゃってるんです」的な。事後報告!好奇心を越えて、恐怖心が芽生えてしまったら、運動そのものが嫌いになってしまうし。

アスリートならまた別だけど、体力に自信のない方・運動習慣のない方なんかは特にそうかも。こちらが認識してるよりも、毎回のトレーニングがチャレンジングだったりもする。実際、過去のセッションを思い返すと、身に覚えはあります…。特に若かったころは、どんどん負荷を上げていこうとしていました^^; 指導する側として、目に見える成果を出さないと不安だったんでしょう。。プログレッション、対話が必要ですね。


simbafit 岸晃輔

未分類 コメント:0 トラックバック:0

公認コーチ講習

2016/12/07(Wed) 11:55

少し前の話になりますが。11/3~6の4日間、カヌー競技・公認コーチ(日体協)の講習会を受けてきました。場所はナショナルトレーニングセンターおよびJISS、そして実技編が戸田ボートコース。

朝から晩まで4日間。ちょっとずつブログで記事にしようとは思っていましたが、中身が濃すぎてなかなか整理しきれない、、。
感動が風化しないうちに、何らかの形で、少しづつアウトプットしていきたいと思います。

とにかく、本当に貴重な経験でした。講義をして下さった講師の方々、また共に4日間を過ごした参加者の皆さん、ありがとうございました。



写真は、リオ五輪で銅メダルに輝いた羽根田卓也選手。多忙なスケジュールの合間をぬって、講師としてスラローム競技の実技を担当して下さいました。








まるで人魚のような、しなやかで美しい漕ぎ。漕いでいる間、時間が止まっているようでした。
自分が教えているスプリント競技ではなく、スラローム競技ではあるけれど、学ぶべきものはたくさん詰まっていました。一流に触れる。大事ですね。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

天井ミラー

2016/12/06(Tue) 09:35




朝トレでお世話になっております、赤羽トレーニングセンター。ずいぶん前のブログにも書きましたが、こちらのジムでは、ベンチプレス台の真上に鏡がついてます。

普通、ベンチプレスのフォームチェックをするのって難しい、というか視覚ではなく感覚でやるもの。あるいは他人からフィードバックをもらうのがほとんどだと思います。ケータイで動画を撮って確認するにしても、真上から撮るのは大掛かりな仕掛けが必要?

この鏡はなかなか便利ですね~。NSCA(トレーナーの資格を発行している教育団体)の実技試験を受けるためにベンチプレスを練習した時も、活躍してくれました。

この天井ミラー、ベンチプレスだけでなく、仰臥位でのエクササイズ、、例えばストレッチマットのエリアなんかについてると、より幅が広がりそうです。
あるいは斜めにつけることができたら、立位のエクササイズでも前額面のチェック(真上アングル)ができるか?
もしジムを設計することがあるとしたら、考えてみてもいいかもしれない。

なんていう、あまり現状に関係ない妄想が膨らむのは、自分的には調子いい傾向。最近、新しい環境、人、仕事etcに触れることが多かったからかな。

かなり寝不足だけど、午後の半休は久々に家族とお出かけ!ゆっくり楽しみつつ、またどうでもいい妄想を膨らませてきます^^

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

新しい環境

2016/12/05(Mon) 00:27



この冬から、中目黒のジムでパーソナルトレーナーの活動をさせて頂くことになりました。

活動するのは主に、日曜と月曜の夜。初日から4人セッションして、1人でクローズ作業もして、、朝から別の現場で働いた後だったこともあり、割とお腹いっぱいです。。

都内で働くのはあまり肌に合わないかと思ってましたが、トレーニングされる方は自分なりの目的・目標をお持ちの方。場所は関係ないですね。こちらもモチベートされました。

慣れないクローズ作業でもたついてたら、終電に駆け込むことになってしまった、、、中目黒~恵比寿までナイトウォークする予定だったのに。もうちょいスマートにやろう。明日も早いし、帰ったら早く寝ます^^;


新しい環境へ飛び込むことは、無条件に、自分の中のワクワクを湧き上がらせてくれる。期待も不安もひっくるめて、楽しみたい。
いままで続けている活動も、また新たな気持ちで見つめ直してみよう。きっとワクワクが見つかるはず。

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

対話する

2016/12/04(Sun) 07:58




昨日、とある選手と初めて、じっくり時間をとって面談。

こちらからはおしゃべりせず、とにかく質問を重ねて、まずは相手の考えを話してもらう。受け止める。話は思わぬ方向にも転び、気づいたら1時間を超えていた。どこまで本音を出してもらえたかはわからないけど、一年半の付き合いで、やっと対話できたように思う。

想定通りの回答もあれば、「そんなこと考えてたの?」という驚きも多くあり。今まで面と向かって、相手の考えを聞いてあげることもなく、一方的に考えを押し付けてしまっていたな、と反省。

指導者としてなにかを伝えようと前に、まずは人間対人間のやりとりを。急いてはいけない、子どもの指導においては特に。盲目的になっていた自分に、成長のきっかけを与えてもらいました。ありがとう。これからも共に成長していこう。

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

ランジウォーク@庭トレ

2016/12/03(Sat) 08:25



脳梗塞で動かしづらくなった右半身のリハを始めて、ちょうど1年ほど経過。

ここ数ヶ月は、臀部を使った動き方を身につけること、片脚でしっかりとバランスをとること、を主なテーマに取り組んで来ました。

夏の暑い時期は庭でトレーニングするのがしんどい、、、ということで、部屋の中でコツコツ筋トレしてましたが、昨日(昼間)はかなり暖かく、久々に庭でトレーニング。

そこで始めてランジウォークにチャレンジしてみましたが、多少フラフラしつつも、しっかり歩けていました。

また、大腿部だけではなく、臀部も上手に使うことが出来ていたようです。ランジで歩き終わった後、お尻~ハムのあたりを押さえていたのがその証拠。心の中で「ニヤリ」とした瞬間でした^^

まだまだこれから、やればやっただけ改善します。来た時よりも美しく!手術前よりも若返る日は近い?



さて、今日はこれからカヌー部の指導。寒いですが、朝の日差しが気持ちいい。大声出しながらチャリ伴走してたら、汗かきそうです。気合い入れてこう。




simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0

指導後

2016/12/01(Thu) 06:35



練習後、らーめんでお腹を満たしてからの、カフェミーティング。このフォーマット、定番化してきました。

最近始めた体力測定、S&Cの取り組み、発展して人生相談など、、

ノンアルだけど、話は尽きず。やっぱり、月一のミーティングだけでは足りません。

こうやって時間をとって、しっかり議論をする。擦り合わせていく。この積み重ねが、強いチームをつくる礎になると信じてます。

指導者は、指導後が本番?コツコツやろう。


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

simbafit

Author:simbafit
はじめまして。simbafit (シンバフィット) の岸晃輔と申します。競技スポーツの現場ではストレングス&コンディショニングコーチとして、一般フィットネスの現場ではパーソナルトレーナーとして活動しています。専門は水上の競技スポーツ(カヌー、ボート)。自身が高校・大学時代に打ち込んだ「スポーツ」の魅力。困難に立ち向かいながらも 夢に向かって突き進む。チャレンジすることの素晴らしさを 伝えていきたい。そんな思いでトレーナー活動をしています。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いします。
HPはこちらをクリック→simbafit

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。