fancy of simba

2018 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

東商戦、残り2週間

2018/04/13(Fri) 05:35




「東商戦」

東大 vs 一橋大
インカレに次ぐ山場

今日はテーパリングのレクチャーと
4/29の決戦に向けて、おそらく最後となる追い込み(来週あたりからテーパリング開始)













一橋の10連覇を阻止し
新たな歴史の幕開けなるか

いよいよ残り2週間!


simbafit 岸晃輔
スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0

ポラライズドトレーニング

2018/03/10(Sat) 08:33
ADVANCED ROWING (著Charles Simpson氏)より。

「ポラライズドトレーニング」という、持久系競技のトレーニングモデルについて書かれています。ボートもそうですが、バイクやトライアスロンなどでは浸透してきているようです。

カヌースプリントでも、このコンセプトに沿って進めていこう、という流れがあり。ジュニアの指導者セミナーでは「低強度を100分以上!」が強調されていますね。

以下、サマリーを勝手ながらざっと翻訳。詳細知りたい方は、ぜひ原文をお読みくださいm(_ _)m

・ポラライズドトレーニングでは、低強度:閾値&高強度=80:20 が理想的な割合。

・低強度トレーニング(2mmol以下)は、週120~200kmほど漕ぐRowerの発達にとって、おそらく最適なモデルと言えるだろう。

・過度の閾値トレーニング(2~4mmol)は、ホルモンおよび生化学的機能不全や、トレーニング効果の制限などのリスクがある。

・特に試合期は、閾値トレーニングより高強度トレーニング(4mmol以上)が多くなるべき。

・Rowerにとっての理想的な強度分布パターンはまだ確立されておらず、トレーニングのフェーズや、トレーニング状況に応じて変化し得る。

・従来のピラミッド型モデル(閾値強度の割合が多い)と比較して、ポラライズドモデルはエリート~レクリエーショナルレベルの選手まで有益である。

・理想的には、一貫したモニタリングをすることが望ましい。心拍数のような計測できる指標を用いるのもひとつ。また主観的運動強度などを用いることで、選手とコーチのコミュニケーションを促し、日々のトレーニング処方を最適化するのに役立つかもしれない。

・アスリートが直面するストレス負荷や対処方法を理解するため、セッション強度を分類(低/閾値/高)しておく。これにより、モニタリングを簡易化することができる。













未分類 コメント:0 トラックバック:0

きめ細かい

2018/03/07(Wed) 08:27


昨日に続き連チャン、東大ボート部Jr.チームの指導でした。

ウェイトルームに貼ってある、こちらが作成したS&C関連の掲示物。その中に、1枚の見慣れぬプリントが。昨日指導した各種目ごとのポイントが、資料にまとめられているではないか。







指導を受けている最中にメモは出来てなかったと思う。忘れないように、その日のうちに文章に残しておき、かつ掲示する事で仲間とも共有する。少しでもモーションの質を高めるための、ささいだけど大切な行動。

シーズン初のサーキットで疲労困憊の中、こんなきめ細かい仕事を当たり前のようにこなす選手、、普段はもの静かだけど、心の内には熱い想いがあるらしい。

100個来たチャンスをひとつも掴めず終わる人間もいれば、たったひとつのチャンスをものにする人間もいる。
このチームに与えられるチャンスは、きっと多くないだろう。だからこそ、いつチャンスが来ても逃さず掴み取れるように、出来うる限りを尽くして待つ。今日は選手から学ばせてもらいました。

S&Cコーチとして、チームの力のひとつになれるよう、全力を尽くすのみ。

未分類 コメント:0 トラックバック:0

Don't think, Feel

2018/02/18(Sun) 16:14





久々に、フォア(4人乗り)の指導。

昨年は、1から10までリードしていることが多かった。選手とやりとりをする・選手に考えさせる時間も余裕もなかった、、とも言えるけど。ともかく、試行錯誤の毎日だった。

ただ今年は、引き出しにいろんな材料は用意しておくものの、基本的にこちらはきっかけを与えるところまで、、と言い聞かせながらの指導。

じれったいけど、すぐ声をかけたくなるけど。我慢して観察していたら、彼らはそのうち自然とコミュニケーションをとるようになっていた。皆の漕ぎを感じ取ろうと、感覚を研ぎ澄ませていた。選手の1人が「見るな、感じろ!」と仲間に声をかけていた。ブルースリーばりに👊

子どもたちが、皆でワイワイやりながら、ああでもないこうでもないと議論をしている。試行錯誤を楽しんでいる。なにか結果を出してくれるのも嬉しいけど、それ以上の喜びが、こういうところにある気がする。今日の指導はなかなか面白かったぞ…と、遅めのお風呂で1人ニンマリ😎♨︎


simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:1 トラックバック:0

餅つき

2018/01/29(Mon) 11:43



昨日は東大ボート部の餅つき大会に参加してきました。クリーンヒットの気持ちさ🔨

このあと、美味しいお餅とお雑煮を頂きました。冷えた体に染み渡った~。ごちそうさまでした🙏

simbafit 岸晃輔
未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

simbafit

Author:simbafit
はじめまして。simbafit (シンバフィット) の岸晃輔と申します。競技スポーツの現場ではストレングス&コンディショニングコーチとして、一般フィットネスの現場ではパーソナルトレーナーとして活動しています。専門は水上の競技スポーツ(カヌー、ボート)。自身が高校・大学時代に打ち込んだ「スポーツ」の魅力。困難に立ち向かいながらも 夢に向かって突き進む。チャレンジすることの素晴らしさを 伝えていきたい。そんな思いでトレーナー活動をしています。まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いします。
HPはこちらをクリック→simbafit

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。